恋愛が下手だと悩んでいる人へ

恋愛は、人生を彩るスパイスのようなものです。スパイスは、それがなくても料理をすることができますが、ほんの少し加えるだけで、いつもの料理の味がぐんと引き立ちます。
それと同様に、好きな人がいなくても、人間は生きていくことができますが、それでは人生はあまりに潤いのないものになってしまいます。
一方で、好きな人ができると、それだけで毎日がとても刺激的なものに変わります。このように、恋愛は人生をより豊かで幸せにしてくれるのです。
しかし、残念なことに、全ての人が恋愛に向いているとは限りません。なかには、なかなか人を好きになれない、という悩みを抱えている人もいます。そして、そのような人は、周りからは高望みをしすぎている、理想が高すぎる、と否定的に見られてしまうことが多いのです。
しかし、当事者に言わせれば、彼らは決して理想が高いわけではない、と主張します。実際に、彼らの言い分にはそれなりの正当性があるものです。なぜならば、恋愛には、それが上手な人と、下手な人の二通りのタイプがあるからです。
ところで、恋愛上手な人というのは、どのような人を指すのでしょうか。
一般には、恋多き男女をイメージする人がほとんどではないでしょうか。しかし、このようなタイプの人は、次々に付き合うタイプを変えて、特定の相手が定まらない人たちでもあります。
特定の相手との関係が長続きしない、ということは、彼らの恋愛は上手く行っていないということですから、すなわち彼らは恋愛下手な人たちだ、ということになってしまいます。
そのような意味では、まだ付き合う相手に巡り合えていない人こそ、いい出会いがあれば、末長くいい関係を築くことができるかもしれません。いわば、今現在交際相手がいなくて、自分は恋愛下手だと悩んでいる人こそ、運命の出会いによって、いい恋愛関係を構築することができるかもしれないのです。
ですから、自分に自信を持って、自然な出会いを待つようにしましょう。