MENU

恋愛における、スマートな別れかた

恋愛に別れはつきものですが、告げる側も、告げられる側もつらい気持ちになるために、避けて通りたいと思ってしまいがちです。しかし、別れ方ひとつでこれまでの相手との恋愛関係が決まるといっても過言ではありません。できれば穏やかに別れたいものですが、今回は、これを踏まえてスマートな別れかたをご紹介していきます。

 

まず、別れるときは突然切り出すのではなく、離れて時間をおくことが重要です。相手の心の準備ができていない状態でいきなり話を切り出してしまうと、一方的な話し合いになりがちです。「もしかしたら」と相手が別れの気配を察知できるよう、間をおいて話し合いの時間をもつほうが、相手のショックを和らげることができます。

 

できれば、別れの理由を相手に伝える必要もあります。理由なく相手を振ってしまうと、振られた側を「自分の何がいけなかったのだろう」と悩ませ、失恋から立ち直りにくくしてしまうためです。また、恨み言は言わないようにしましょう。振られるときに相手と行った話し合いの内容は、強烈な記憶となってお互いに残りやすいです。そんな記憶をイヤな記憶にしてしまわないためにも、ある程度冷静な話し合いを持つ必要があります。否定的な言葉は使わないようにしつつ、自分の意思はしっかりと相手に伝えましょう。また、曖昧な言葉も使わないようにしましょう。自分の意思表示をしたら、相手の意見もきちんと聞き入れることが大切です。

 

上記の作法は相手に何らかの原因がある場合となっていますが、もし自分の側に理由があって話し合いを切り出したのであれば、やや感情気味に話したほうが相手に自分の気持ちが伝わりやすいです。恋より仕事を選びたい、ほかに好きな人ができた、など言いにくい理由であっても、できるだけ正直に伝えたほうが良いです。自分本位に嘘をついてしまうと、あとで嘘がばれた場合に自分の立場が悪くなってしまうためです。

 

以上が恋愛におけるスマートな別れの作法となります。状況に応じて相手のことを思いやりつつ、自分の意思をきちんと伝えることが賢明なようです。